株式会社リンディー・セールス

新製品「ペンダント式子機による通報と通話が可能な電話機型の緊急通報装置」発売のお知らせ

2011年5月11日

報道関係者各位

プレスリリース

株式会社リンディー・セールス

一人暮らしの高齢者宅、高齢者同居宅、介護・福祉施設に適した

「ペンダント式子機による通報と通話が可能な電話機型の緊急通報装置」

発売開始

 

~高齢者支援の様々な機能が付いた、相互通話可能な緊急通報装置~

 

“LINDY”ブランド製品の日本総販売元である株式会社リンディー・セールス(所在地:東京都千代田区 代表取締役:岡崎 義信)は、新製品「ペンダント式子機による通報と通話が可能な電話機型の緊急通報装置」を、2011年6月上旬より発売開始することをお知らせします。

■【当製品の概要】

当製品は、電話回線へ接続して使用する緊急通報装置です。急な体調悪化により救助が必要な場合や身動きが取れなくなってしまった場合、あるいは火災等の災害発生時、不審者侵入時などの緊急事態発生時に、ボタン一つで外部の電話番号へ緊急通報を発信でき、応答者と通話が行えます。

従来の緊急通報装置では子機からは一方的な通報のみでしたが、当製品では子機、親機共に、通報者と応答者の相互通話を可能にしました。通報先として家族の携帯電話やかかりつけ医の電話番号を登録しておくことにより、ボタン一つで迅速に緊急通報を行えるだけでなく、通報者と応答者が相互通話を行うことによって、より正確な状況判断が可能になり、異常の早期発見や状況に応じた適切な処置が可能になります。

緊急通報装置には、親機とペンダント式子機、壁掛け式子機の3つの機器があり、1台の親機へ最大8台までの子機を追加できます。いずれの機器からも通話可能な緊急通報が行えるため、一般家庭や小規模施設へ簡単に緊急通報システムを構築できます。また子機と親機間で内線通話も行えるため、家庭や施設内での相互連絡にも利用できます。

緊急通報は親機のみでなく子機からも行えるため、ペンダント式子機と壁掛け式子機を組み合わせて設置することにより、あらゆる場面において緊急通報が可能になります。

また、当製品は高齢者の使用を想定し、大きく押しやすいダイヤルボタン/SOSボタンや文字の大きい液晶画面を採用しており、子機においてはボタン一つだけのシンプルな設計となっています。

この他にも、通常の電話機機能に加え、写真やメモを取り付けられるワンタッチ短縮ダイヤルボタン、受話器を取らずに特定の外線着信に応答できる自動着信応答機能、受話音量を大きくできるシルバーホン機能、詐称電話の防止に役立つ着信非通知機能、食事や服薬時間を通知できる時間指定アラーム機能など、高齢者を支援するための様々な機能があります。

近年、高齢者による一人暮らしが増加しており、万が一の場合に備えた緊急通報対策の需要が高まっています。当製品は一人暮らしの高齢者宅や、高齢者と同居しているご家庭、あるいは介護施設や福祉施設向けの緊急通報装置として最適な製品です。

(製品画像)

■製品カタログのダウンロード

⇒「ペンダント式子機による通報と通話が可能な電話機型の緊急通報装置」 製品カタログのダウンロードお申し込みフォーム

(製品一覧)

ペンダント式子機による通報と通話が可能な電話機型の緊急通報装置
型番 製品名 写真
42540 親機1台+ペンダント式子機1台セット
42451 ペンダント式子機
42452 壁掛け式子機

※ 1台の親機に対して、子機はペンダント式・壁掛け式、自由な組み合わせで合計8台まで登録できます。

※ 仕様及び外観は予告なく変更になる場合があります。

■【当製品の特長】

◆高齢者向け電話機能を備えた、緊急通報装置です!

当製品は高齢者向け機能を備えた、一般の電話機としても使用できる緊急通報装置です。

親機は電話回線へ接続して、外線の発信/着信、子機との内線通話、子機への外線転送などが行えます。子機は、1台の親機へ最大8台まで登録でき、親機との内線通話や、緊急通報による外線発信、外線着信の応答が行えます(※)。
子機は無線式になっており、ストラップを付けて携帯可能なペンダント式子機と、寝室や廊下、脱衣所などへ設置可能な壁掛け式子機の2種類があります。親機との距離は最大約50メートル(見通し距離)の範囲内で使用できるため、ペンダント式子機にストラップを付けて常時携帯すれば、緊急事態発生時に即座に通報することができ、また離れた場所からの安否確認や内線連絡などにも利用できます。

親機または子機のSOSボタンが押下されると、あらかじめ登録された電話番号へ直ちに緊急通報発信(外線の発信)を行い、応答した相手とハンズフリー通話を行うことができます。万が一親機や他の子機、或いは併用している電話機が通話中であった場合は回線を自動切断し、緊急通報を最優先して発信を行います。
ボタン一つの操作によって迅速な緊急通報を行い、その後応答者との相互通話を行うことによって、異常の早期発見及び状況に応じた適切な処置を行うことが可能になります。

(※)子機から任意の電話番号へ外線発信を行うことはできません。

(普段は電話機として使用できます)

◆通報先が応答するまで発信を繰り返す、強力な緊急通報機能!

緊急通報先の電話番号は10件まで登録でき、1件目から順番に緊急通報を発信していきます。通報先が不在あるいは留守番電話等により応答しない場合は次の通報先へ自動的に発信します(1ヶ所でも応答した時点で緊急通報は終了します。緊急通報に応答するには”#”を2回押す必要があるため、留守番電話等の自動応答では緊急通報は終了しません)。

10ヶ所全ての通報先が応答しない場合は再度1件目から通報を繰り返すため、万が一緊急通報者が身動きが取れない状態となっても、通報先が応答するまで緊急通報を継続できます。

応答までの待ち時間や繰り返し回数は自由に設定できます。

(通報先が応答するまで繰り返し発信が可能なSOS緊急通報機能)

◆緊急通報のメッセージ音声は自由に録音可能!

緊急通報時に通報先と電話がつながると、通報先へ指定したメッセージ音声を流すことができます。メッセージ音声は「SOSボタンが押されました。シャープを2回押してください。」というデフォルトメッセージか、或いは自由に録音可能なオリジナルメッセージ(20秒以内)のいずれかを選択できるため、あらかじめ自分の名前や住所等をオリジナルメッセージへ録音しておけば、万が一声が出せない状況で緊急通報を行っても、通報先へ身元情報を伝えることが可能です。

◆写真を取り付けられるワンタッチダイヤル(短縮ダイヤル)ボタン!

親機には3つのカバー付きワンタッチダイヤルボタンが付いており、カバーの中へプリクラ等の写真やメモ書きを入れることが可能です。あらかじめ家族の写真や病院と書いたメモを入れておけば、登録されている電話番号を識別しやすくなり、直感的な操作でワンタッチダイヤル発信が可能になります。

◆指定番号からの自動着信応答機能!

ワンタッチダイヤルボタンへ登録されている電話番号から着信があった場合、受話器を取らずに自動応答することができます。

登録されている電話番号から電話を掛けた発信者は、電話がつながった後に暗証番号を求められます。正確な暗証番号を入力すると親機が自動的にハンズフリーモードとなり、周囲の音を聞きながら相互通話が可能になります。

この機能を使用すれば、体が不自由で受話器を取ることが困難な場合でも電話に応答でき、また自宅が留守中であっても外出先から自宅の様子を確認することが可能です。

◆指定番号以外からの着信を通知しない着信非通知機能!

ワンタッチダイヤルボタンへ登録されていない電話番号から着信があった場合は呼出音を鳴らさないよう設定できます(呼出音は鳴りませんが着信は通常通り受け付けます。受話器を取れば応答でき、着信履歴にも残ります)。

当製品を緊急通報や安否確認専用として設置した場合、この機能を使用すれば詐称電話の防止に役立ちます。

◆子機一斉/個別内線呼出機能!

親機から子機への内線呼出は、全ての子機(最大8台)への一斉呼出と、子機番号を指定しての個別呼出の2通りの呼出が可能です。

一斉呼出の場合は全ての子機の呼出音が同時に鳴り、最初に応答した子機と内線通話が行えます。個別呼出の場合は指定した子機のみの呼出音が鳴ります。

◆時間指定アラーム機能!

指定時間に子機のアラームを鳴らすことができます。服薬時間や食事時間のお知らせを5セットまで設定できます。

アラームを止める際は、1台の子機を止めると一斉に全ての子機のアラームが停止するか、あるいは全ての子機で個別に停止するか、いずれかを選択できます。

◆外線着信時、任意の子機で応答できます!

外線から着信があった場合、親機のみでなく子機でも応答することができます。

子機が複数存在する場合は、最初にボタンを押した子機で応答、通話ができます。

◆電話回線分配器内蔵により既存の電話機やFAXとの併用が可能です!

当製品の親機には電話回線の分配器が内蔵されているため、既に電話機やFAX機をお使いの場合は併用可能です。本製品を導入するために既存の電話機と交換する必要はありません。

◆電池利用により停電時でも使用できます!

あらかじめ親機へ乾電池(充電池も使用可能)を入れておけば、停電時でも全ての機能を使用できます。万が一、ACアダプタと電池のいずれからも電力を得られない場合は、電話線が接続されていれば外線発信/着信機能のみ使用可能です。

子機はペンダント式、壁掛け式、いずれも充電式バッテリーを内蔵しているため、停電時でも一定時間使用できます。

◆外部機器との連動機能!

3.5mm入出力ジャックを使用することにより、緊急通報機能を外部の入出力機器と連動させることが可能です。

例): 緊急通報時に外部のパトランプを点灯させる。

外部のセンサーやインテリジェントマットの反応を検知して緊急通報を行う。

■【販売パートナーについて】

九州沖通信機株式会社 様

九州沖通信機株式会社様をはじめ、今後多数の販売パートナー様より販売いたします。販売をご希望される場合は、当社までご相談ください。

■【製品仕様】

◆親機

適用回線: 一般電話回線
ダイヤル方式: DP(10PPS/20PPS)またはPB
無線規格: 2.4G RF(2400MHz~2483MHz) 16CH/10mw
通報方式: 音声通報方式
ナンバーディスプレイ: 対応
ピンジャック: 3.5mmピンジャック

外部緊急通報センサー入力1CH

緊急通報状態出力1CH

使用電源: ACアダプタ 100V±9V 50Hz/60Hz
予備電源: 単4電池×3個(別売)を使用可能。充電池も使用可能。

停電時連続通話時間 約15時間

送受信電波到達距離: 50m(見通し距離、環境によってそれ以下の場合もあります)
使用可能温度: 0~40度
使用可能湿度: 20~90%以下(結露しないこと)
大きさ: 約23 x 19 x 9 cm (奥行きx幅x高さ)
保証期間: 2年
価格(税込): オープン価格

※販売開始は2011年6月上旬になります。

関連URL: 当社法人サイト(http://www.lindy-sales.co.jp/)

◆ペンダント式子機、壁掛け式子機

無線規格: 2.4G RF(2400MHz~2483MHz) 16CH/10mw
通報方式: 音声通報方式
最大子機台数: ペンダント式子機+壁掛け式子機 合計8台まで
防水タイプ: 生活用簡易防水
使用電源: ACアダプタ 100V±5V 50Hz/60Hz 充電方式
最大連続通話時間: 3時間
最大待機時間: 30時間
送受信電波到達距離: 50m(見通し距離、環境によってそれ以下の場合もあります)
使用可能温度: 0~40度
使用可能湿度: 20~90%以下(結露しないこと)
大きさ: ペンダント式子機:約2 x 6 x 5.5 cm (奥行きx幅x高さ)

壁掛け式子機:約3.5 x 9.5 x 15.5 cm (奥行きx幅x高さ)

保証期間: 2年
価格(税込): オープン価格

※販売開始は2011年6月上旬になります。

※ 仕様及び外観は予告なく変更になる場合があります。

【LINDY社について】

LINDY社はコンピュータとAV接続の技術を持つ世界トップメーカーのうちの1社です。1932年にドイツで設立され、石油ランプ、ラジオ及び電子部品を販売する小さな会社から現在の多国籍企業に成長しました。ドイツ、英国、イタリア、スイス、フランス、米国、オーストラリアに拠点を置いています。英国支社はアイルランド共和国、スペイン、ポルトガル、スカンジナビア、東欧、アフリカ等の地域の顧客に対応しています。

LINDYグループでは高品質な製品をITリセーラー、法人、地方公共団体、教育機関及びホームユーザへ提供しています。HDMI / DVI / VGA / USB / ネットワーク等の通信機材やケーブル類、更にはコネクタ、コンバータ、アダプタ、PCアクセサリー、切替器、分配器、ハブ、延長器、デジタルサイネージ機器等々、幅広く取り揃えており、コンシューマ向け製品から企業向け製品まで、充実した品揃えと高品質が特徴のブランドです。

URL: http://www.lindy.com/

【株式会社リンディー・セールスについて】

リンディー・セールスは、ヨーロッパを中心に絶大な人気を誇るケーブル/通信機材の有名老舗ブランド”LINDY”の日本総販売元です。リンディー・セールスは、これまで日本未発売であったリンディ社(ドイツ)製品の日本国内における輸入販売事業を行い、日本総販売元として国内のお客様へ高品質で安定した、価値ある製品を提供してまいります。これまでは直接海外で購入する他ありませんでしたが、今後は日本国内で”LINDY”ブランドの製品をお求めいただくことができるようになります。

会社名:株式会社リンディー・セールス

所在地:東京都 千代田区 岩本町 1-3-1 神田ビジネスセンター1F

代表取締役:岡崎 義信

電話番号:03-4530-9292

FAX番号:03-5501-9054

URL:http://www.lindy-sales.co.jp/

オンラインショップURL:http://www.lindy-sales.jp/

【本件に関するお問い合わせ先】

株式会社リンディー・セールス

広報担当:菅野

電話番号:03-4530-9292

FAX番号:03-5501-9054

Eメール:irene@lindy-sales.jp

※当社ロゴデータ及び製品画像については以下のURLよりご入手いただけます。

http://www.lindy-sales.jp/hpgen/HPB/entries/16.html